山梨県人権擁護委員連合会

組織の案内

 山梨県人権擁護委員連合会は、219人(定数)の委員で構成されていますが、便宜的に委員が住まいする地域を基に3つの協議会(甲府、峡南、都留)を設けています。甲府協議会は甲府盆地内地域の9市1町、峡南協議会は県南部地域の5町、都留協議会は富士北麓・県東部地域の12市町村で構成されています。

 県連には議決機関の総会や、理事会などの審議機関はむろん、5つ【2つ休会】の専門委員会(こども人権、男女共同参画、高齢者・障がい者人権、総務【休会】、救済【休会】)、さらに特別委員会ともいえるHP・ICT委員会もあります。

3協議会の審議機関としては、各常務委員会がこれを担っています。
県連の組織図については、下記の図をご覧ください。

   

山梨県人権擁護委員連合会 組織図

 ■2024年 山梨県連組織図 

 

jinken-2024.png

※山梨県人権擁護委員連合会 組織図(PDF)ダウンロード

山梨県人権擁護委員連合会と県内市町村との連携

各市町村とホームページや人権啓発活動等の情報を相互で共有しています。

甲府協議会

 甲府市、笛吹市、山梨市、甲州市、南アルプス市、甲斐市、中央市、昭和町、韮崎市、北杜市

峡南協議会

 富士川町、身延町、早川町、南部町、市川三郷町

都留協議会

 富士吉田市、都留市、大月市、上野原市、道志村、西桂町、忍野村、山中湖村、富士河口湖町、鳴沢村、小菅村、丹波山村